書誌事項

義賊伝説

南塚信吾著

(岩波新書, 新赤版 471)

岩波書店, 1996.11

タイトル読み

ギゾク デンセツ

大学図書館所蔵 件 / 409

内容説明・目次

内容説明

「悪を正す」「豊かな者から奪い、貧しい者に与える」等々、民衆のヒーロー=義賊はさまざまな伝説に彩られている。義賊は実在したのか、「盗賊」とどこが違うのか、どのように伝説化したのか、またそれは何故なのか。ロビン・フッド論争から説きおこし、ハンガリーの国民的義賊シャーンドルの検討を通じて、民衆の記憶と夢を考える。

目次

  • 序章 鼠小僧とロビン・フッド
  • 1 世界史上の義賊たち
  • 2 義賊像の誕生
  • 3 社会的正義の体現者
  • 4 略奪と殺しのモラル
  • 5 民衆社会の周辺で
  • 6 地域権力との関わり
  • 終章 記憶された歴史=民衆の夢

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ