書誌事項

陶淵明 : 虚構の詩人

一海知義著

(岩波新書, 新赤版 505)

岩波書店, 1997.5

タイトル読み

トウ エンメイ : キョコウ ノ シジン

大学図書館所蔵 件 / 421

内容説明・目次

内容説明

超俗の詩人と呼ばれる陶淵明は、「桃花源記」で身分の差のないユートピアを描き、「挽歌詩」においては自らの死を悼むなど、中国では他に例をみない虚構の世界を通して内面を探求し、苛酷な実社会と関わろうとした反俗の詩人でもあった。千六百年前、現代に通じる鋭さと深さで人生をうたった大詩人に「虚構」という切り口から肉薄する。

目次

  • はじめに 陶淵明と「虚構」
  • 1 桃花源記—ユートピア物語
  • 2 五柳先生伝—架空の自伝
  • 3 形影神—分身の対話
  • 4 山海経を読む・閑情の賦—怪奇とエロティシズム
  • 5 挽歌詩・自祭文—「私」の葬式
  • おわりに なぜ「虚構」か

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA3049596X
  • ISBN
    • 4004305055
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 216p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ