仕事の中での学習 : 状況論的アプローチ

書誌事項

仕事の中での学習 : 状況論的アプローチ

上野直樹著

(シリーズ人間の発達, 9)

東京大学出版会, 1999.11

タイトル別名

Learning in the workplace : a situated approach

タイトル読み

シゴト ノ ナカ デノ ガクシュウ : ジョウキョウロンテキ アプローチ

大学図書館所蔵 件 / 438

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

文献: p239-246

内容説明・目次

内容説明

従来、個人が何かを習得することと考えられていた学習が、実は社会相互的に、テクノロジーや道具の使用を通して作り上げられるものであることを、旋盤工場や流通倉庫などの仕事場での人と人、道具と人のやりとりのエスノグラフィー的分析によって例証する。認知科学・社会学・文化人類学などで注目されている「状況論」の初めての書下し概説・研究書。

目次

  • 序章 状況論的アプローチ
  • 1章 状況的行為
  • 2章 道具とコンテキストのデザイン
  • 3章 コミュニティの相互構成
  • 4章 社会を可視化するテクノロジー
  • 5章 実践に埋め込まれた発達・学習

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA44142174
  • ISBN
    • 4130131095
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ix, 246, 5p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ