書誌事項

テロ後 : 世界はどう変わったか

藤原帰一編

(岩波新書, 新赤版 770)

岩波書店, 2002.2

タイトル別名

テロ後世界はどう変わったか

タイトル読み

テロゴ : セカイ ワ ドウ カワッタカ

大学図書館所蔵 件 / 484

注記

まえがき(藤原帰一)

初出一覧: 巻末p3

同時多発テロ関連年表: 巻末p4-5

収録内容

  • テロと「文明」の政治学 : 人間としてどう応えるか / 坂本義和 [執筆]
  • これは「戦争」ではない : 世界新秩序とその果実 / 西谷修 [執筆]
  • ヤー、アフガーニスターン、ヤー、カブール、ヤー、カンダハール… : 私たちは何者の視点によって世界を見るのか / 岡真理 [執筆]
  • 揺れるアメリカ社会 : 法の支配と愛国心 / 三浦俊章 [執筆]
  • 俯瞰する帝国 : テロ事件後のアメリカ外交をめぐって / 田島晃 [執筆]
  • グローバル化の別の一面 / 黄平 [執筆] ; 坂井洋史訳
  • 《聖戦》 : 情念と理性 / ウンベルト・エーコ [執筆] ; 和田忠彦訳
  • 境界線の政治を越えて / 杉田敦 [執筆]
  • 文明の外的かつ内的な衝突 / 大澤真幸 [執筆]
  • 対テロ戦争について / スタンリー・ホフマン [執筆] ; 清水奈名子訳
  • 衝撃の法的位相 / 最上敏樹 [執筆]
  • アメリカの平和 : 中心と周辺 / 藤原帰一 [執筆]

内容説明・目次

内容説明

二〇〇一年九月一一日のアメリカ同時多発テロから、対テロ戦争、そして戦後処理へ。一連の事件は、これまでの秩序観や世界認識のあり方に強い揺さぶりをかけた。テロ後にどんな現実が姿を現し、これから世界はどこへ向かおうとしているのか。いま、私たちが思考すべきこととは何か。内外の識者たちが様々な角度から行なった思索を集める。

目次

  • テロと「文明」の政治学—人間としてどう応えるか
  • これは「戦争」ではない—世界新秩序とその果実
  • ヤー、アフガーニスターン、ヤー、カーブル、ヤー、カンダハール…—私たちは何者の視点によって世界を見るのか
  • 揺れるアメリカ社会—法の支配と愛国心
  • 俯瞰する帝国—テロ事件後のアメリカ外交をめぐって
  • グローバル化の別の一面
  • “聖戦”—情念と理性
  • 境界線の政治を越えて
  • 文明の外的かつ内的な衝突
  • 対テロ戦争について
  • 衝撃の法的位相
  • アメリカの平和—中心と周辺

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ