孤独なボウリング : 米国コミュニティの崩壊と再生

書誌事項

孤独なボウリング : 米国コミュニティの崩壊と再生

ロバート・D・パットナム著 ; 柴内康文訳

柏書房, 2006.4

タイトル別名

Bowling alone : the collapse and revival of American community

タイトル読み

コドクナ ボウリング : ベイコク コミュニティ ノ ホウカイ ト サイセイ

大学図書館所蔵 件 / 592

注記

原著 (New York : Simon & Schuster, 2000) の全訳

文献: p581-583

索引: p668-689

内容説明・目次

内容説明

つよいアメリカを支えた市民的つながりの減少は、いつ・どこで・なぜ起こったのか?様々な人と人のつながり=社会関係資本が、幸福な暮らしと健全な民主主義にとっていかに重要かを膨大な調査データから立証した全米ベストセラー。

目次

  • 第1部 序論(米国における社会変化の考察)
  • 第2部 市民参加と社会関係資本における変化(政治参加;市民参加 ほか)
  • 第3部 なぜ?(時間と金銭面のプレッシャー;移動性とスプロール ほか)
  • 第4部 それで?(教育と児童福祉;安全で生産的な近隣地域 ほか)
  • 第5部 何がなされるべきか?(歴史からの教訓—金ぴか時代と革新主義時代;社会関係資本主義者の課題に向けて)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ