幕末の大奥 : 天璋院と薩摩藩

書誌事項

幕末の大奥 : 天璋院と薩摩藩

畑尚子著

(岩波新書, 新赤版 1109)

岩波書店, 2007.12

タイトル読み

バクマツ ノ オオオク : テンショウイン ト サツマハン

大学図書館所蔵 件 / 492

注記

肖像あり

参考文献: p199-204

略年譜: p205-211

内容説明・目次

内容説明

外様大名島津家(薩摩藩)分家の出身であった天璋院(篤姫、一八三五‐八三)がなぜ十三代将軍徳川家定と婚礼を挙げることになったのか。また婚礼の前に近衛家の養女となり、近衛家からの嫁入りという形式をとったのはなぜか。薩摩藩と江戸城大奥の歴史的なつながりを解き明かし、将軍家最後の大奥を取りしきった波乱の生涯をたどる。

目次

  • 序章 天璋院とは
  • 第1章 大奥の世界
  • 第2章 薩摩藩と将軍家
  • 第3章 篤姫から天璋院へ
  • 第4章 天璋院と和宮
  • 終章 江戸開城とその後

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84186299
  • ISBN
    • 9784004311096
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 211, 3p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ