日本のデザイン : 美意識がつくる未来

書誌事項

日本のデザイン : 美意識がつくる未来

原研哉著

(岩波新書, 新赤版 1333)

岩波書店, 2011.10

タイトル読み

ニホン ノ デザイン : ビイシキ ガ ツクル ミライ

大学図書館所蔵 件 / 552

注記

『図書』に2009年9月より2年間連載した「欲望のエデュケーション」をまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

まさしく歴史的な転換点に立つ日本。大震災を経てなおさら、経済・文化活動のあらゆる側面において根本的な変更をせまられるいま、この国に必要な「資源」とは何か?マネーではなく、誇りと充足への道筋を—。高度成長と爛熟経済のその後を見つめ続けてきた日本を代表するデザイナーが、未来への構想を提示する。

目次

  • 序—美意識は資源である
  • 1 移動—デザインのプラットフォーム
  • 2 シンプルとエンプティ—美意識の系譜
  • 3 家—住の洗練
  • 4 観光—文化の遺伝子
  • 5 未来素材—「こと」のデザインとして
  • 6 成長点—未来社会のデザイン

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB0704782X
  • ISBN
    • 9784004313335
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 244p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ