質的研究の考え方 : 研究方法論からSCATによる分析まで

書誌事項

質的研究の考え方 : 研究方法論からSCATによる分析まで

大谷尚著

名古屋大学出版会, 2019.3

タイトル別名

Paradigm and design of qualitative study : from research methodology to SCAT

質的研究の考え方 : 研究方法論からSCATによる分析まで

質的研究の考え方 : 研究方法論からSCATによる分析まで

タイトル読み

シツテキ ケンキュウ ノ カンガエカタ : ケンキュウ ホウホウロン カラ SCAT ニヨル ブンセキ マデ

大学図書館所蔵 件 / 515

注記

文献リスト: p381-394

図表一覧: p395-396

内容説明・目次

内容説明

「量」では測れないものを科学的に考えるために。質的研究に関するさまざまな疑問・疑念に、ツボを押さえた説明や独自のモデルで答え、量的研究者も納得。認識論を起点に、研究を進めるうえで大切な考え方や質的データ分析手法SCATの使い方を解説する。人文・社会科学はもちろん医療等に携わる人にも最適の入門書。

目次

  • 第1部 質的研究のデザイン、方法、パラダイム(質的研究とは何か—いくつかの基本概念とその検討;リサーチ・クエスチョンの設定;研究デザイン;データ採取;データ分析;理論化とモデル化;質的研究の結果の表象;質的研究の研究倫理;質的研究に関するその他の問題と課題)
  • 第2部 SCATによる質的データ分析(SCATとは何か—その機能と意義;SCATによる分析;SCATでの分析の参考のために—SCATのTips&Pitfalls;SCATのFAQ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27930842
  • ISBN
    • 9784815809447
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    名古屋
  • ページ数/冊数
    x, 403p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ