放送の自由 : その公共性を問う

書誌事項

放送の自由 : その公共性を問う

川端和治著

(岩波新書, 新赤版 1810)

岩波書店, 2019.11

タイトル読み

ホウソウ ノ ジユウ : ソノ コウキョウセイ オ トウ

大学図書館所蔵 件 / 415

注記

参考文献: 巻末p1-4

内容説明・目次

内容説明

権力から独立した放送は民主主義の基盤であり、国民の知る権利のためのインフラである。どんな歴史的教訓から今日の放送制度がつられたのか。放送倫理とは何か。自主・自律の取り組みで放送の自由を守れるか。技術革新に伴うメディア環境激変の中、「放送と通信の融合」の時代を見据えて、その果たすべき公共的役割を考える。

目次

  • 第1部 放送制度の歴史と放送の自由(放送のはじまりと不自由な放送がもたらしたもの;占領下の放送法誕生—新憲法制定と電波三法;NHKと民放の二元体制成立とテレビ放送の開始;放送制度の変遷;放送の自由に対する干渉)
  • 第2部 憲法から見た放送の自由(放送法四条と表現の自由;自主・自律の制度としての放送法;最高裁判所の見解)
  • 第3部 自主・自律の放送倫理の実践(番組審議会;BPOによる放送倫理の実践;欧米の放送制度との比較から見た日本の放送制度)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29223482
  • ISBN
    • 9784004318101
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 240, 4p
  • 大きさ
    18cm
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ