プライバシーという権利 : 個人情報はなぜ守られるべきか

書誌事項

プライバシーという権利 : 個人情報はなぜ守られるべきか

宮下紘著

(岩波新書, 新赤版 1868)

岩波書店, 2021.2

タイトル別名

プライバシーという権利 : 個人情報はなぜ守られるべきか

タイトル読み

プライバシー トイウ ケンリ : コジン ジョウホウ ワ ナゼ マモラレル ベキ カ

大学図書館所蔵 件 / 448

注記

参考文献一覧: p205-208

内容説明・目次

内容説明

デジタル環境の変化に伴い、私たちの個人情報は自分の知らないうちにビッグデータや人工知能に利用され、ときに安全や効率をもたらし、ときにリスクをも生み出す。個人が尊重される社会を実現するため必要となるのは、人格形成や民主主義にも関わる重要な問題として、権利としてのプライバシーを問いなおすことだ。

目次

  • 第1章 プライバシーはなぜ守られるべきか(ケンブリッジ・アナリティカ事件の衝撃;プライバシーとは何か ほか)
  • 第2章 進化するプライバシーの権利(プライバシー権の来歴;プライバシー権の理論構成 ほか)
  • 第3章 個人情報保護法の新時代(破産者マップ事件;個人情報保護法の概要 ほか)
  • 第4章 プライバシー保護法制の国際動向(グローバルの中の日本;米欧のデータ戦争 ほか)
  • 第5章 プライバシー権をめぐる新たな課題(監視とプライバシー権;身体とプライバシー権 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ