書誌事項

戦後政治史

石川真澄, 山口二郎著

(岩波新書, 新赤版 1871)

岩波書店, 2021.3

第4版

タイトル読み

センゴ セイジシ

大学図書館所蔵 件 / 420

注記

事項索引・人名索引: 巻末p1-15

内容説明・目次

内容説明

簡潔な叙述で定評のある通史に一〇年分を増補した最新版。この時期の日本は、民主党政権下での東日本大震災、安倍政権の復活と長期化、そして新型コロナウイルスによる危機を経験した。それは、自民党「一強」と野党の弱体化が進み、政治的幻滅が拡大する時代であった。衆参両院の全選挙結果も収めた必携の一冊。

目次

  • 敗戦
  • 占領と改革の開始
  • 憲法改正
  • 政党の復活
  • 戦後最初の総選挙と第一次吉田内閣
  • 社会党、第一党に
  • 初の単独過半数政党
  • 講和の前後
  • 吉田対鳩山、左社対右社
  • 保守一党優位体制の成立
  • 日ソ国交回復、国連加盟
  • 六〇年安保と政治の転回
  • 経済政治の時代
  • 社会党変貌の挫折
  • 佐藤長期政権の始まり
  • 沖縄、「本土並み」返還
  • 「今太閤」と列島改造
  • 「今太閤」の没落
  • 首相の犯罪
  • 伯仲の啓座億
  • 「闇将軍」の支配
  • 「総決算」路線の進展
  • 自民党の世代交代
  • 竹下派支配
  • 「国際貢献」と選挙制度改革
  • 「保守」政治の拡大
  • 節目としての戦後五〇年
  • 挫折する「改革」
  • 一九九九年という転機
  • 小泉ブームと構造改革
  • 「9.11」以後
  • 郵政民営化という争点
  • 安倍・福田・麻生と「ねじれ国会」
  • 「派遣村」からの問い
  • 実現した政権交代
  • 3.11の衝撃
  • 政治刷新への幻滅
  • 史上最長政権の構図
  • 安全保障政策の転換
  • 長期政権の終わり

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ