書誌事項

森と木と建築の日本史

海野聡著

(岩波新書, 新赤版 1926)

岩波書店, 2022.4

タイトル別名

森と木と建築の日本史

タイトル読み

モリ ト キ ト ケンチク ノ ニホンシ

大学図書館所蔵 件 / 417

注記

主要参考文献: p249-255

内容説明・目次

内容説明

衣食住から信仰に至るまで、日本の歴史とは、木とともに歩んだ歴史であるといっても過言ではない。森のめぐみを享受した先史時代、都城や寺院などの大量造営が展開した古代から、森との共生を目ざす現代まで—建築のみならず流通にも着目し、また考古・民俗・技術などの知見も駆使して、人びとが育んだ「木の文化」を描く。

目次

  • 序章 日本の森林と木の文化
  • 第1章 木と人のいとなみ
  • 第2章 豊かな森のめぐみ—古代
  • 第3章 奪われる森と技術のあゆみ—中世
  • 第4章 荒廃と保全のせめぎあい—近世
  • 終章 未来へのたすき—近代から現代

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ