書誌事項

医療の倫理

星野一正著

(岩波新書, 新赤版 201)

岩波書店, 1991.12

タイトル読み

イリョウ ノ リンリ

大学図書館所蔵 件 / 531

内容説明・目次

内容説明

インフォームド・コンセント、脳死と臓器移植、生体肝移植、終末医療と尊厳死、体外受精…。これら医療の新しい問題をどう考えたらいいのか。バイオエシックスが生まれ育った北米で20年を過ごし、日本の医療倫理の確立のために活躍してきた著者が、患者中心の医療の倫理とは何か、わが国になじむ倫理とは何かを、情熱をこめて語る。

目次

  • 1 医療の倫理への私の歩み
  • 2 いまなぜ医療の倫理か
  • 3 脳死
  • 4 「掛かりつけの医師」制度の提唱—「3時間待って3分診療」をいかに解決するか
  • 5 新しい医療の倫理の台頭—バイオエシックスとインフォームド・コンセント
  • 6 賢い患者になるには—自立する心とリビング・ウイル
  • 7 遺体の提供—無条件・無報酬の愛のボランティア
  • 8 臓器移植
  • 9 倫理委員会
  • 資料(ニュールンベルクの倫理綱領;ヘルシンキ宣言)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07030209
  • ISBN
    • 4004302013
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    x, 240p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ