書誌事項

自由主義の再検討

藤原保信著

(岩波新書, 新赤版 293)

岩波書店, 1993.8

タイトル読み

ジユウ シュギ ノ サイケントウ

大学図書館所蔵 件 / 432

内容説明・目次

内容説明

資本主義の経済、議会制民主主義の政治を軸とする「自由主義」—。それは社会主義体制の崩壊によって勝利したといえるのだろうか。むしろ今こそ、その自己克服・修正が求められているのではないか。近代の思想史を見直しながら、自由主義の本質と限界を明らかにし、二十一世紀にむけた新しい思想「コミュニタリアニズム」への展望を語る。

目次

  • 序章 自由主義は勝利したか
  • 第1章 自由主義はどのようにして正当化されたか(資本主義の正当化;議会制民主主義の正当化;功利主義の正当化)
  • 第2章 社会主義の挑戦は何であったか(政治的解放の限界;私有財産と疎外;市場経済と搾取)
  • 第3章 自由主義のどこに問題があるか(社会主義の失敗;自由主義の陥穽)
  • 終章 コミュニタリアニズムに向けて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09514771
  • ISBN
    • 4004302935
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    ii, 200, 2p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ