書誌事項

生命と地球の歴史

丸山茂徳, 磯崎行雄著

(岩波新書, 新赤版 543)

岩波書店, 1998.1

タイトル読み

セイメイ ト チキュウ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 556

注記

地球史年表: piv

内容説明・目次

内容説明

巨大隕石の落下が相つぎ、大気、核、マントル、海洋がつくられていった初期地球。中央海嶺上で熱水から栄養をもらって誕生した生命。変動する地球と生命とは、密接な関係をもちながら現在まで歴史を刻んできた。プルーム、プレートの両テクトニクスと古生物学などの学際的な最新研究が描き出す、地球46億年、生命40億年の新たな変遷像。

目次

  • 1 地球史七大事件
  • 2 地球の変動原理
  • 3 初期生命の歴史
  • 4 生命の発展
  • 5 大量絶滅の功罪
  • 6 大気・海洋・地殻の歴史
  • 7 地球のテクトニクス
  • 8 マントルと核の歴史
  • 9 生命と地球の共進化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA34041261
  • ISBN
    • 4004305438
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iv, 275p, 図版[4]p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ