金融工学とは何か : 「リスク」から考える

書誌事項

金融工学とは何か : 「リスク」から考える

刈屋武昭著

(岩波新書, 新赤版 673)

岩波書店, 2000.5

タイトル別名

金融工学とは何か : リスクから考える

タイトル読み

キンユウ コウガク トワ ナニ カ : リスク カラ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 469

注記

参考文献: p215-216

内容説明・目次

内容説明

世界的大競争時代の中で、日本経済をどう再生させていくべきか。一三〇〇兆円を超える個人金融資産を活かすことができるか。銀行・保険・証券といった従来の業態別の見方をこえて、資本の効率性とリスク配分機能を重視した「金融商品」とは何かを解説。いま注目の最先端理論のポイントを紹介し、金融システムのあり方を問う。

目次

  • 1 金融資産とリスク(金融の三つの基本リスク;定期預金とリスク ほか)
  • 2 新しい金融の見方(金融を「機能」で見る;金融製造業の「製造」とは ほか)
  • 3 資本の効率性を促す(金融工学の役割と主な領域;無裁定価格理論と不完備制度の完備化の流れ ほか)
  • 4 大競争時代の金融システム(日本の金融インフラへのビジョン;金融システムの競争力と金融技術 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA4652601X
  • ISBN
    • 4004306736
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    iii, 216p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ