ユーラシア胎動 : ロシア・中国・中央アジア

書誌事項

ユーラシア胎動 : ロシア・中国・中央アジア

堀江則雄著

(岩波新書, 新赤版 1247)

岩波書店, 2010.5

タイトル別名

ユーラシア胎動 : ロシア中国中央アジア

タイトル読み

ユーラシア タイドウ : ロシア チュウゴク チュウオウ アジア

大学図書館所蔵 件 / 489

内容説明・目次

内容説明

多極化する世界の中で、いまユーラシア全体が一つの地域として沸き立っている。中国の爆発的な経済発展、ロシアのエネルギー資源外交の展開、中央アジア諸民族の台頭、そして国境を越えるヒトとモノの奔流…。現地取材を重ねたジャーナリストが、この広大な一帯に吹く変革の風を伝え、そのダイナミズムの意味を考える。

目次

  • 序章 ユーラシアの風に吹かれて
  • 第1章 分割された島—ユーラシアの国境政治
  • 第2章 ユーラシアを束ねる上海協力機構
  • 第3章 新しいシルクロードが生まれる
  • 第4章 中央アジアのダイナミズム
  • 第5章 広がるユーラシア・パイプライン

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB02026221
  • ISBN
    • 9784004312475
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 210p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ