植民地から建国へ : 19世紀初頭まで

書誌事項

植民地から建国へ : 19世紀初頭まで

和田光弘著

(岩波新書, 新赤版 1770 . シリーズアメリカ合衆国史||シリーズ アメリカ ガッシュウコクシ ; 1)

岩波書店, 2019.4

タイトル別名

アメリカ合衆国史 : シリーズ

タイトル読み

ショクミンチ カラ ケンコク エ : 19セイキ ショトウ マデ

大学図書館所蔵 件 / 443

注記

略年表: 巻末p7-9

主要参考文献: 巻末p10-15

内容説明・目次

内容説明

近代世界において強い光を放ち、また深い影を落としてもきたアメリカという国。最新の研究成果に基づき、一国史をこえる豊かな視座からその歩みを叙述する。第1巻は、先住民の世界から植民地期、独立革命と憲法制定、そして新共和国としての試練まで、初期アメリカの歴史像を、大西洋史や記憶史の知見もふまえ提示。

目次

  • 第1章 近世大西洋世界の形成(先住民の世界;近世の始動;英領北米植民地の礎石;一三植民地の建設)
  • 第2章 近世大西洋世界のなかの英領北米植民地—ヒト・モノ・カネ(英領北米植民地を見る眼—近代世界システムから大西洋史まで;イギリス第一帝国の人的システム—ヒト;重商主義体制と生活水準—モノ;貨幣が語る近世大西洋世界—カネ)
  • 第3章 アメリカ独立革命の展開(先鋭化する対立;独立への道のり;独立戦争の展開と建国神話の生成;合衆国憲法の制定)
  • 第4章 新共和国の試練(ワシントン政権と第一次政党制;アダムズとジェファソン;一八一二戦争)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ