書誌事項

労働組合とは何か

木下武男著

(岩波新書, 新赤版 1872)

岩波書店, 2021.3

タイトル読み

ロウドウ クミアイ トワ ナニ カ

大学図書館所蔵 件 / 428

注記

参考文献: p281-288

内容説明・目次

内容説明

日本では「古臭い」「役に立たない」といわれる労働組合。しかし世界を見渡せば、労働組合が現在進行形で世界を変えようとしている。この違いは、日本に「本当の労働組合」が存在しないことによる。では、社会を創る力を備えた労働組合とはどのようなものなのか。第一人者がその歴史と機能を解説する。

目次

  • 第1章 歴史編1 ルーツを探る—「本当の労働組合」の源流は中世ギルドにある
  • 第2章 歴史編2 「団結せよ、そして勤勉であれ」—職業別労働組合の時代
  • 第3章 分析編1 労働組合の機能と方法
  • 第4章 歴史編3 よるべなき労働者たち—一般労働組合の時代
  • 第5章 歴史編4 アメリカの経験—産業別労働組合への道
  • 第6章 分析編2 いかにして社会を変えるのか—ユニオニズムの機能
  • 第7章 歴史編5 日本の企業別労働組合—日本的労使関係の形成・衰退
  • 第8章 分析編3 日本でユニオニズムを創れるのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC06306657
  • ISBN
    • 9784004318729
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 288p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ