社会科学の方法 : ヴェーバーとマルクス

書誌事項

社会科学の方法 : ヴェーバーとマルクス

大塚久雄著

(岩波新書, 青-607, B62)

岩波書店, 1966.9

タイトル読み

シャカイ カガク ノ ホウホウ : ヴェーバー ト マルクス

大学図書館所蔵 件 / 501

内容説明・目次

内容説明

自然現象とちがい、生きた人間の日々の営みを対象とする社会科学において、科学的認識は果して成り立つものだろうか。もし成り立つとすれば、どのような意味においてか。この問題に正面から取り組んだ典型的な事例としてマルクスとヴェーバーを取りあげ、両者の方法の比較検討の上に立って社会科学の今後の方向を問う。

目次

  • 1 社会科学の方法—ヴェーバーとマルクス
  • 2 経済人ロビンソン・クルーソウ
  • 3 ヴェーバーの「儒教とピュウリタニズム」をめぐって—アジアの文化とキリスト教
  • 4 ヴェーバー社会学における思想と経済

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ