書誌事項

地球温暖化を考える

宇沢弘文著

(岩波新書, 新赤版 403)

岩波書店, 1995.8

タイトル読み

チキュウ オンダンカ オ カンガエル

大学図書館所蔵 件 / 497

注記

参考文献: p210-212

第22刷(2008年10月6日発行)奥付の「岩波新書(青版)403」は誤植(出版社確認済み)

内容説明・目次

内容説明

いま地球環境に大きな変化が生じている。その最たる現象である地球温暖化を、著者は二十世紀文明の生み出した病理的症候ととらえ、その原因と致命的とも言える影響を見究める。そしてどうすればきれいな地球を残すことが可能か、現代人の生き方そのものを問い直しつつ、炭素税の構想などの具体的堤言を含めて対応策をさぐる。

目次

  • 序章 地球温暖化の脅威
  • 第1章 地球の環境を守る仕組み
  • 第2章 地球の歴史と平均気温
  • 第3章 地球温暖化の影響
  • 第4章 矛盾にみちた現代文明
  • 第5章 熱帯雨林の役割
  • 第6章 炭素税の考え方
  • 第7章 二十世紀文明に対する反省
  • 第8章 新しい展望を求めて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ